10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

badulog

日々の覚書と雑記
<< TCPWrapper | main | [linux] pamの設定の書き方 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
cpioコマンド
cpioコマンドの使い方

■ -o: コピーアウトモード(アーカイブを作成し、標準出力に出力する)
find . | cpio -oa > /tmp/backup.cpio

入力はファイル名。出力はcpioアーカイブ。
ちなみにaオプションをつけることで、タイムスタンプが再設定され、
cpioコマンド実行時のタイムスタンプになる。

■ -i: コピーインモード(アーカイブからファイルを復元する)
cpio -idm < bbb.cpio

入力はアーカイブ。
-d オプションでディレクトリ展開
-m オプションでタイムスタンプをコピー元の時刻にする。


ということで、aをつけて作成、mをつけて展開することでアーカイブ作成時点のタイムスタンプになるはずだが、そうも行かない。。。
aオプションが思ってるように行かないのだ。。



baduizm | linux | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM