06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

badulog

日々の覚書と雑記
<< [linux] pamの設定の書き方 | main | [linux] X環境のキーバインド変更 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
makewhatisとかmanとか
makewhatisはwhatisデータベースを作る。
whatisデータベースを更新できるようにcronに設定されていたりする。
$ cat /etc/cron.daily/00-makewhatis.cron
#!/bin/bash
(略)
makewhatis -u -w
(略)


-u はデータベースを新しいページの情報で更新する。
-w はmanpath を `man --path` で得られる値にする。
manpathというのはmakewhatisの引数で(↑だと省略されている)
manページのありかだったりする。

man --pathでmanコマンドが引っ張ってくる値は/etc/man.configから
持ってきたりするのだろうが、これはまた別の話。

で、whatisデータベースの引き方は2通りある。
(1) whatis : コマンド名指定で検索
# whatis signal
signal (2) - ANSI C signal handling
signal (7) - list of available signals


(2) apropos: キーワード指定で検索
# apropos signal
QMovie [qmovie] (3qt) - Incremental loading of animations or images, signalling as it progresses
QSignal [qsignal] (3qt) - Can be used to send signals for classes that don't inherit QObject
・・・(略)

man -kに似てる。





baduizm | linux | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM