04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

badulog

日々の覚書と雑記
<< [SIP]ダイアログとトランザクション | main | [SIP] sendonlyのINVITEって >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
[SIP] 100rel, PRACK
要は暫定応答の送達確認がPRACKであり,
それをサポートする/必須とすることを示すためのパラメータが100relである.

■目的
SIPの応答には最終(200)と暫定(1xx)とがある.
最終応答は,リクエストの結果を運ぶもので,ACKを返すことにより信頼性を確保している.
暫定応答は,リクエストの処理進捗情報を提供するもので送りっぱなし.
→暫定応答にも信頼性を持たせる.

■方法
暫定応答に対してはPRACKを送る.(100tryingは対象外)
暫定応答はPRACKを期待している場合,PRACKを受けるまでは再送される.
PRACKを受けると再送は止める.

■PRACK
PRACKはACKに似ているが重要な違いがある
・PRACKはBYEと同様にnormalなSIPメッセージであり,
信頼性はhopbyhopに保障される
→★意味がわからない.
例えばBYEだと発端末-サーバ-着端末で発切の場合,
発端末からサーバにBYEなげて200受ける,サーバから着端末でNGったとしても
発端末側は関係ない.(end-endでなくhop-by-hop)
と言っているのかな?
・PRACKはそれ自体の応答を持つ

■サーバ側の動をちょっと詳細に
最初のINVITEのSupportedヘッダに100relがあったら,
UASとしては1xxを信頼性を持って送信できる.(つまりPRACKを期待できる)

最初のINVITEのRequireヘッダに100relがあったら,
UASとしては1xxを信頼性を持って送信しないといけない.(つまりPRACKを期待しないといけない)
UASがそうしたくないなら,Unsupportedヘッダに100relを設定して420(BadExtension)で拒否しないといけない.

baduizm | 用語 | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM