07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

badulog

日々の覚書と雑記
<< [linux]ページキャッシュとバッファキャッシュ再考 | main | [linux] ubuntuでhappy hacking >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
[linux] オープン可能なファイル数
TCPコネクションの数の限界とか調べる上で,
すなわちファイルディスクリプタの限界

■まずシステム全体の話
[/proc/sys/fs/file-max]
   オープン可能なファイル数の上限。値の変更を行うことも可能。

[/proc/sys/fs/file-nr]
  次の3つの情報を確認することが可能です。
   1. オープンされているファイル数
   2.「確保はされているけれど, 今使われていないぶん」
    3. オープン可能なファイル数の上限(/proc/sys/fs/file-max と同じ値)

ref)
http://search.luky.org/linux-users.8/msg01382.html


■プロセスごとは
ulimitだな.-n


-a 設定されている各種の制限を表示する
-c プロセスがファイルへコア・ダンプする容量を最大Nブロックに制限する
-d プロセスのデータ領域のサイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-f 出力ファイルのサイズを最大Nブロックに制限する
-l メモリーにロックできるサイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-m メモリーの使用量を最大Nキロ・バイトに制限する
-n ファイル・ディスクリプタの数を最大N個に制限する
-p パイプのサイズを最大N×512バイトに制限する
-s スタック・サイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-t CPU時間を最大N秒に制限する
-u ユーザー1人が起動できるプロセス数を最大N個に制限する
-v シェルが利用できる仮想メモリーを最大Nキロ・バイトに制限する
-H いったん設定した制限を解除できなくする
-S -Hで制限した最大値以内の値を設定する
-t コマンドの型を表示する
baduizm | linux | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM